キックス 値引き

キックスの残価設定クレジット(残クレ)を選ぶべき?値引き額もアップ!?

キックスの商談で、ディーラーから残価設定クレジット(残クレ)の紹介がありませんでしたか?

残価設定クレジットの主なメリットとしては

  1. 値引きがアップ
  2. 毎月の支払いが抑えられる

この2つですが、実際のところはどうなのでしょうか?

記事の中で詳しく紹介します。

残価設定クレジットだとキックスの値引き額が10万円アップする!?

ディーラーと値引き交渉をしていると

「支払いをローンにしてもらえればもう少し値引きできます」

「金利分をお値引き致します」

このような提案をしてきませんか?

ちょっと怪しい感じがしますが、ディーラーにとっては金利分の売り上げが増えるので、値引きしてでも残価設定クレジットを選んでほしいのです。

実際にキックスのXグレードから1年間の金利をキャッシュバックしている店舗があります。

Xグレードの場合、毎年約10万円の金利が発生するので、その1年分をキャッシュバックしてくれるようです。

キャッシュバックのキャンペーンをしていない店舗でも、キックスであれば残価設定ローンを選択することで、交渉次第で10万円程度の値引き上乗せは期待ができます。

キックスの毎月の支払額をシミュレーション。1万円台にするには?

実際の支払額はどうなのでしょうか。シミュレーションしてみました。

グレード名 キックス X
車両本体価格 2,759,900円
車両本体値引き ▲200,000円
メーカーオプション価格 38,500円
ディーラーオプション価格 444,618円
ディーラーオプション値引き ▲89,600円
諸費用 132,000円
支払総額 3,085,418円
頭金 300,000円
ローン元金 2,785,418円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.9% 4.9%
毎月支払額 28,300円×35回 19,900円×59回
ボーナス支払い 100,000円×6回 100,000円×10回
最終回(残価率) 1,490,346円×1回
(54.0%)
1,076,361円×1回
(39.0%)
金利を含む支払総額 3,480,175円 3,648,105円
  • 頭金30万円
  • ボーナス時は10万円の支払い

この条件であれば、5年ローンを組むことで毎月の支払いが2万円を切ります。

頭金やボーナス払いをしないケースだと毎月の支払いが4~5万円となり、かなりの負担になってしまいます。

残価設定ローンだとしても、頭金は最低30万円は用意しておいた方がいいでしょう。

支払いを抑えるには特別低金利を狙う

月々の支払いをさらに抑えるにはできるだけ安い金利にする必要があります。

メーカーページで案内されている通常金利は2021年5月時点で4.9%ですが、さらに安い特別低金利を狙うべきでしょう。

特別低金利は店舗ごとに2.9~1.9%を設定していますが、

  • 期間限定
  • 特定の車種に限定

と条件があることが多いです。

決算時期などでは特別低金利キャンペーンがあることが多いので、それを狙うのもありでしょうね。

支払いを抑えるには値引きや下取りも重要!

値引きと下取りが大きくなれば、毎月の支払いがさらに下がります。

ただ、値引きが大きくても、下取りが安いことが多いので、ディーラーに騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼
「キックス 値引き」に関する人気記事