ノア 値引き

新型ノア見積書の値引きアリの実例を公開!S-Zやハイブリッドの総額は?

トヨタ新型ノアのハイブリッドZや、S-Gグレードの見積もりシュミレーションの総額や新車値引き額についてこのブログで紹介しています。実際の見積書も公開中!

新型ノアの見積りポイント!(記事の中でさらに詳しく紹介)↓↓

  1. ハイブリッドZの乗り出し価格は476万円~
  2. S-Zの値引き後の総額は460万円~
  3. 値引き25万円程度は可能!実例アリ
  4. 交渉はノア同士の競合が効果的

オプションから36万円引きがあった実例も
↓↓↓

トヨタ新型ノア/ハイブリッドのセルフ見積もりをやってみた!支払い総額は460万円~

yaris_gsimulation

発表前なのでトヨタのホームページで新型ノアのセルフ見積もりを参考にまずはシミュレーションしてみました。

対象のグレードは人気のS-ZとハイブリッドZ。

それぞれのスペックはこちら。

グレード S-Z
2WD
ハイブリッドZ
2wd
新車価格 332万円 359万円
型式 MZRA90W-APXSH ZWR90W-APXQH
駆動方式 FF FF
動力 M20A-FKS 2ZR-FXE
全長
全幅
全高
4,695mm
1,730mm
1,895mm
4,695mm
1,730mm
1,895mm
車両重量 1610kg 1620kg
排気量 1986 cc 1797 cc
エンジン最高出力
(kW[PS]/rpm)
112[152]/6600 73[99]/5200
モーター最高出力
(kW[PS])
60[82]
WLTCモード 15.0km/L 23.6km/L

S-Zグレードの見積りシュミレーション結果

noah_selfmitumori_wb
グレード:S-Z
費目 価格
車両本体価格 ¥3,320,000
メーカーオプション価格 ¥785,400
ディーラーオプション価格 ¥259,800
諸費用 ¥239,370
支払総額 ¥4,604,570

まずはガソリン車のS-Zからです。

支払総額は460万円。

自分の目を疑いたくなるような金額。

車両本体価格は332万円と妥当なところですが、オプションがとにかく高い。

S-Zで選択したオプション

noahwb_selfsop
ホワイトパールクリスタルシャイン 33,000円
LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+アダプティブハイビームシステム(AHS) 62,700円
ETC2.0ユニット(VICS機能付き) 27,500円
快適利便パッケージHI 148,500円
ドライビングサポートパッケージ 99,000円
ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)PLUS 10.5インチ+HDMI 88,000円
TV(フルセグ)+CD/DVDデッキ 74,800円
セットオプション 273,900円
フロアマット(デラックス) 56,100円
サイドバイザー 26,400円
14インチ有機EL後席ディスプレイ 157,300円
テレビキット(走行中視聴) 20,000円
合計: 1,045,200円

選択したオプションはこれらのオプション。

これは必要だなと感じたものを全部選んでいくとオプションだけで

100万円オーバー!

めちゃくちゃ高いですね。。。

これに加えてドラレコやボディコーティングも必要な人は付けると思うのでさらに増えることも。

ここから削るとしたら、セットオプションの中に入っている、パノラミックビューモニターとアドバンストパークぐらいでしょうか。駐車に自信がある人は不要かもしれません。

これで12万円程度は減らせます。

諸経費

noahwb_selfsyohiyou

諸経費は合計約24万円とやや高め。

ノアの場合、HV車であればエコカー減税の対象となっていますが、ガソリン車はエコカー減税の対象になっていないため、諸経費はこのくらいになってしまうようです。

ハイブリッドZの見積もりシミュレーション結果。新車価格は総額476万円

noah_hygselfmitumori
グレード:ハイブリッドZ(2wd)
費目 価格
車両本体価格 ¥3,590,000
メーカーオプション価格 ¥785,400
ディーラーオプション価格 ¥259,800
諸費用 ¥126,150
支払総額 ¥4,761,350

続いてはハイブリッドZ

支払総額は476万円。

オプションはS-Zとほぼ同じですが、税金諸経費は約12万円とハイブリッドの方が安いです。総額はハイブリッドZの方が高いですが、ガソリン車のS-Zとは16万円しか差はありません。

500万円以内の予算であれば、燃費をとるならハイブリッドZ、デザイン重視であればS-Zを選択になりそうですね。

トヨタで新型ノアハイブリッドZ 4WDの値引き込みの見積書を出してもらった!総支払い額480万円~


↑タップして拡大表示

シュミレーションでは値引きがなかったので、ディーラーに値引き込みの見積書を出してもらいました。

総支払い額は480万円

見積りはディーラーと何度か値引き交渉を行い本体価格から20万円の値引き提示がありました。

オプションの値引きは含まれていないので、ここからさらに値引き交渉は可能でしょう。

ドラレコやボディコーティング、14インチ有機EL後席ディスプレイも付ければオプション総額が40万円程になるので、オプションから7~8万円の値引きが期待できます。

オプション値引きもやってみました!


成約キャンペーンをやっているとのことで、ドラレコやボディコーティング、デジタルキー(センコウジュチュウの部分)などが無料となりなんと36万円引きに!

本体価格の値引きもあわせると総額50万円オーバー!

ただ、これ実は成約キャンペーンは10万円程度のプレゼントしかなかったんですが、こちらの記事で紹介しているオプション値引きの交渉をやっているからここまで引き出せています。

新型ノアの新車値引き交渉でやったこと


今回交渉したのは2021年11月のフルモデルチェンジの発表前です。

この時点の新車値引き相場は本体価格から15万円。かなり厳しい状況でした。

そんな中、どうやって総額50万円以上の値引きが引き出せたのか公開したいと思います。

セレナ、ステップワゴンとの競合

トヨタ新型ノアの値引きを引き出すには、ライバルとの競合は必須

ポイントはミニバンで売れている車同士であることです。

売れているセレナやステップワゴンであれば、トヨタディーラーも意識しているので、競合させるとかなり効果があります。

ノア同士の競合

トヨタノア同士を競合させるのも効果的です。今回の値引き交渉でもかなり効果がありました。

やり方はちょっとコツがあって、トヨタディーラーの別会社同士で競合させる必要があります。

下の画像の例だとトヨタモビリティ店とトヨペット店は近くにあるんですが、社名が違うのでこの2店舗は競合が可能です。

都市部など自動車販売店が多い地域はやりやすいですが、田舎では隣県まで行く必要があるのでちょっと大変かもしれません。
noah_betukaisya
※別会社かどうかの見分け方はこちら

ノアを安く買うには下取りも重要!

アルファード 査定

ノアを安く買うには値引きと同じように下取りも重要です。

ただ、下取りはディーラーが安く査定してくることが多いので、騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼

もし、下取りではなく廃車にするつもりなら、こちらがおすすめ。買取保証+税金還付の2重取りが可能です。

「ノア 値引き」に関する人気記事