シエンタ 値引き

シエンタの新古車・中古車の値引き価格はどのくらい?相場と交渉のコツを公開!

sienta_chukotop02

この記事では、トヨタシエンタの中古車・新古車から値引きしてもらう方法を紹介します。

人気の高いシエンタG Cueroの安い中古車を探す方法も大公開!

シエンタ新古車からの値引き価格
  1. 値引き額は10万円程度であれば可能
  2. ホンダフリードとの競合はNG?
  3. ディーラオプション値引きゼロ
  4. ネット掲載まえの新古車を狙う!

記事の中でさらに詳しく紹介します

トヨタシエンタの中古車・新古車の値引き交渉方法

sienta_nebiki_chuko_kosho

シエンタの新古車から値引きは可能ですが、新車と同じような値引き交渉をすると失敗します。

シエンタの新古車や中古車の値引き交渉方法を紹介しますので、参考にしてください。

シエンタの新古車・中古車は当日契約が効果的!値引き価格の目安は10万円

sienta_nebiki_chuko_kosho_today

シエンタの新古車値引き交渉で効果的なのは、以下の2つです。

中古車販売店に購入する価格を正確に伝える
交渉した日に契約をする

なぜなら、中古車販売店は車を在庫し続けると価値が下がるリスクがあるので、仕入れた中古車は少しでも早く売りたいのです。

そのため新古車では

200万円にしてくれるなら今日契約する!

このような交渉も有効になってきます。

そこで重要なのは、

いくらで交渉すれば良いか?

ということだと思いますが、グーネットなどで価格相場をチェックすると良いと思います。シエンタであれば

  • 年式が2022年以降
  • 走行距離1000km以下

この条件で調べると以下のような価格相場がわかります。

2022年6月時点のシエンタの新古車の価格相場がこれ↓↓

本体価格 159万円〜244万円
総額 179万円〜258万円

※4WD含む

結果、2022年6月時点では、G Cueroにエントリーナビやパノラミックビュー対応ナビレディパッケージなどが付いて総額210万円を切る価格で購入ができればベストです。

また、最安値を調べていると、激安の中古車が出てくることがあります。相場より安すぎる中古車は、故障のリスクが高いので注意が必要です。

シエンタの新古車にディーラーオプションを取り付けても値引き額はゼロ

中古車販売店ではディーラーオプションの取り扱いはありません。ですが、シエンタの新古車購入後にトヨタ正規ディーラーでオプションを取り付けてもらうことは可能です。

ただ、新車購入時のようにオプションからの大きな値引き額はゼロ。あったとしても購入金額の端数を切ってもらえる程度でしょう。

ホンダフリードなどの1.5Lクラスのコンパクトミニバンと競合しても効果なし!

sienta_nebiki_chuko_kyogo
新車の値引き交渉では、ライバル車と競合させることが有効です。

ですが、シエンタの新古車や中古車を購入するときは全く効果がないため、注意点として知っておく必要があります。

シエンタのライバル車と言えば、

  • ホンダフリード

などの1.5Lクラスのコンパクトミニバンですが、中古車販売店はディーラーではないので、ディーラー同士のような値引き合戦にはなりません。

また、他店のシエンタの新古車と比較して

あっちのお店の方が安い!

と交渉しても、走行距離やボディーカラー、付いているオプションなどさまざまな条件が違うので値引きには応じてくれないのです。

安いシエンタの新古車・中古車の探し方は?価格相場もわかる

sienta_nebiki_chuko_search
シエンタの中古車を探す方法としては、ネットでの検索や中古車販売店に問い合わせるのが一般的ですが、もっと簡単に見つける方法もあります。

シエンタの新古車をネットで検索 30万円も安い中古車も見つかる?

シエンタの新古車をネットで検索してみました。

2022年6月時点で調査したシエンタの中古車台数ですが、探し方の参考になると思います。
検索条件は以下の2つ。

  • 走行距離5000km未満
  • 年式2022年以降
順位 台数
カーセンサー 36台
グーネット 41台
ガリバー 1台
トヨタ認定中古車 0台

多く見つかったのはカーセンサーとグーネットの35台以上。これらの中には180万円ほどの安い中古車も。ネット検索はこの2つをチェックしておけばOK。

逆に少ないのはガリバーとトヨタ認定中古車です。2022年6月時点ではガリバーでは1台、トヨタ認定中古車では0台です。

シエンタはフルモデルチェンジを控えており、出荷台数もそれなりに多いのでカーセンサーやグーネットには在庫が多いです。

しかし、ガリバーにはなぜ在庫がほぼ無いのでしょうか?

これは、ネットに掲載される前に売れてしまっている可能性が高いからです。

特にシエンタは人気が高いので、ガリバーの中古車になると早く売れてしまうのです。

実際ガリバーではネットに掲載される前の中古車を紹介するサービスも行っており、これを利用すると新車より安い新古車も見つかりやすいのでおすすめです。

中古車販売店に問い合わせてみる

voxycyuuko_denwa

これはかなりアナログなやり方ですが、中古車販売店に直接聞いてみるとシエンタの新古車が見つかることがあります。

シエンタなど人気の中古車だと、ネットにわざわざ載せなくても売れてしまうので、掲載していない可能性がありますからね。

やみくもに販売店に聞いてみるよりも、中古車の掲載台数が多い販売店を狙って聞いていく方が見つかる可能性は高くなります。
>>中古車販売店の一覧(カーセンサー)

もし、問い合わせて見つからなかったとしても、販売店に

シエンタの新古車が入ってきたら教えてほしい!

と伝えておけば、いち早くシエンタの新古車が入荷したことを知ることができます。

ネットに掲載される前の新型シエンタの新古車を探してもらう

voxy_zubatto

新型シエンタの新古車はネットに掲載されていますが、人気の白や黒のボディカラーはすぐに売り切れてしまったり、ほしいオプションが付いていなかったりしますよね。

そこでもし自分が希望するシエンタの新古車を探したいなら、ガリバーのズバット車販売を使うと良いです。

ズバット車販売ではまだネットに掲載されていない中古車からも探してくれますし、ボディカラーやオプションのリクエストなんかにも応えてくれます!

利用は無料だし、自分で探すのが面倒な人にはオススメです。

\新車が30万円以上安く買える/

「シエンタ 値引き」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。