MENU
タフト 値引き

タフトの値引き推移はマイナーチェンジに注意!決算時期は買い時?いつ安い?

ダイハツ新型タフトの値引き推移や買い時がいつなのか、こちらのブログで紹介しています。最新のマイナーチェンジ情報もアリ!

タフトの値引き推移
  1. 値引き額は14万円で推移
  2. 買い時は2022年?決算はチャンス!
  3. 2022年後半にマイナーチェンジを予定

記事の中でさらに詳しく紹介しています

ダイハツ新型タフトの買い時はいつ?値引き推移と今後の見通し


車両本体からの値引き額は2022年9月のマイナーチェンジ以降減少しています。ですが、2023年からは持ち直し14万円と最高額に近い値引き額で推移しています。

3月の決算時期に値引き額が上昇する可能性はありますが、最高額に近い額に達しているため期待できるのはせいぜい1万円程度でしょう。

また、納期はコロナの影響で長期化しています。狙っている人は早めに値引き交渉を始めると良いです。

決算時期はチャンス!タフトの値引き額が上昇!?

taft_nebikiup
車は決算時期の9月や3月になると値引きが期待できます。これはタフトも例外ではありません。

決算時期になるとディーラーは車をたくさん売りたいので

さっさと値引きして売ってしまおう!

と考えています。

そのため、初回交渉から

20万円引きしてくれるなら今契約しますよ

みたいな強気な交渉が意外と有効だったりします。

ただ、決算月は値引きが出やすいだけで最大値引きは実はいつもとあまり変わりません。

そのため、普通の月でもうまく交渉すると決算月並みの値引きが可能です。

taft50daidansei 購入者 :50代男性
値引き額:17万円
契約時期:2022年10月
グレード:G

先代ハスラーからの乗り換えでタフトを契約してきました。交渉時は決算月翌月の10月だったんですが、営業マンからの第一声は
「10月でも値引きは頑張ります!」
となかなか良い反応。初回から10万円の値引きを獲得。引き続きハスラーやジムニーと競わせていくと、値引き額が15万円までアップ。その内容でタフトを契約し、付属品込みで17万円の値引きを獲得しました。決算月前で値引きは厳しい印象だったのですが、決算月並の値引きを引き出せました。ライバルとしっかり交渉させていくと、値引きは伸びる感触です。

タフトのフルモデルチェンジやマイナーチェンジ予定は?

taft_kounyuchance
フルモデルチェンジやマイナーチェンジが行われると、これまで甘かった値引きも急に渋くなる傾向があります。

タフトの場合もマイナーチェンジ前は15万円の値引きでしたが、マイナーチェンジ後は値引きは2万円縮小され13万円に下落しました。

新型タフトは2022年9月にマイナーチェンジが行われました。次のマイナーチェンジは2023年4月に行われると公式でアナウンスされています。

今後のタフトのマイナーモデルチェンジ情報に注目ですね。

タフトをもっと安く買うには?

taft_saishinnebiki

タフトを安く買うにはタイミングもそうですが、最新の値引き相場に合った交渉をすることも重要です。

詳しくはこちらで紹介しています。

タフトを安く買うには下取りも重要!

アルファード 査定

タフトを安く買うには値引きと同じように下取りも重要です。

ただ、下取りはディーラーが安く査定してくることが多いので、騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼

もし、下取りではなく廃車にするつもりなら、こちらがおすすめ。買取保証+税金還付の2重取りが可能です。

「タフト 値引き」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。