タフト 値引き

タフトの残価率は?残価設定型クレジット(ワンクレ)は値引きで月々1万円に

taft-zankuretop

ダイハツ新型タフトの残価設定型クレジット(ワンクレ)で支払額を抑える方法を紹介しています。

タフトの残価設定ローンのシュミレーションも公開中!

タフトの残クレのポイント
  1. 残価率が3年で45.4%・5年で31.8%
  2. 残クレの利用で値引き額がアップ
  3. キャンペーンで金利が1.9%に
  4. ボーナス払いの活用で月々の支払いが1万円台に

記事の中でさらに詳しく紹介しています

これらメリットが多いですが、デメリットや損をすることもあるので注意も必要です。

メリット:残価設定型クレジット(ワンクレ)だと新型タフトの値引き額がアップ!?

taft_zankureuup
ディーラーと値引き交渉で

「支払いワンクレにするのでもっと値引きできませんか?」

と聞いてみてください。

ディーラーはローンの売り上げが増えるので、新車購入の際に値引きしてでも残価設定型クレジットを選んでほしいので応じてくれる可能性が高いです。

ディーラーによっては最大5万円のキャッシュバックをしていることも。

デメリット:タフトの残価設定型クレジット(ワンクレ)は距離オーバー・事故歴ありだと残価率ダウン!?

新型タフトの残価率
年数 残価率 回数/走行距離の基準
3年 45.4 36回/40,000km以内
5年 31.8% 60回/60,000km以内

 

ランクの目安
ランク 残価率
SS 70%~79%
S 60%~
A 55%~59%
B 50%~54%
C ~49%

ローンの支払い額を左右する残価率。

タフトは3年で45.4%。これには条件があり、走行距離が40,000km以内の場合です

この距離をオーバーすると残価保証の対象外になってしまうというデメリットも。

また、事故歴がある場合も残価が減ります。

損をしないためには走行距離や事故に注意しながら、安全運転で乗る必要があるでしょう。

タフトで残価設定クレジット(ワンクレ)の金利1.9%はチャンス!

taftteikinri
ダイハツの場合、公式サイトではワンクレは金利4.9%で案内されていることが多いですが、お得になるキャンペーンがあると1.9%まで金利が下がることも。

キャンペーンはディーラーごとに行っているので、商談するディーラーに確認してみると良いでしょう。

タフトの残クレ(ワンクレ)をシュミレーション!ボーナス払いで月々の支払いが1万円台に

ダイハツタフトG 2WDグレードのワンクレをシュミレーションした見積もり例です。

グレード名 タフト G
2WD
車両本体価格 1,485,000円
車両本体値引き ▲150,000円
メーカーオプション価格 148,500円
ディーラーオプション価格 52,000円
ディーラーオプション値引き ▲10,000円
諸費用 105,320円
支払総額 1,630,820円
頭金 0円
ローン元金 1,630,820円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.9% 1.9%
毎月支払額 23,400円×36回 16,000円×60回
ボーナス支払い 30,000円×6回 30,000円×10回
最終回(残価率) 675,000円×1回
(45.4%)
472,000円×1回
(31.8%)
金利を含む支払総額 1,698,619円 1,733,239円

1万円台に抑えるポイントは5年払い、それにボーナス払いと金利です。

  • 支払回数は5年払い(60回払い)
  • ボーナス時は3万円の支払い
  • 金利1.9%

この条件であれば3年ローンで2万円前半、5年ローンでは1万円台に月々の支払いを抑えることができます。

逆に、3年払いであったりボーナス払いがなかったりすると毎月の支払いが約2万円~約3万円となり、毎月の負担が大きいです。

実際の口コミでも、このように残価設定型クレジットの支払いがきついという声は少なくないようです。

支払いを抑えるには値引きや下取りも重要!

値引きと下取りが大きくなれば、毎月の支払いがさらに下がります。

ただ、値引きが大きくても、下取りが安いことが多いので、ディーラーに騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼
「タフト 値引き」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。