タント 値引き

ダイハツタントの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

新型タントの値引き

新型タントの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が◯◯万円と掲載されています。

実はあれってあくまで予想なので、外れていることも多いんですよ。

ただ、それでは困るので、こちらのサイトでは手に入る値引き情報をすべて集め、分析した情報を公開しています。情報集めには雑誌や口コミ情報、価格comなどのネット情報、さらには実際に購入した人へのインタビューも決行。

インタビューは毎月やっていて、20名程度の人に聞けています。当サイトのメンバーが車保険の仕事をしているので、お客さんとの談話で値引きについて聞いている感じです。

インタビューではかなりリアルな値引き話もあったので、

  1. 値引きの体験談
  2. 値引き交渉のコツ

この2つも併せて紹介していきます。

新型タントの値引き相場や限界?買い時はいつ?
[2020年7月 最新版]

値引き額については、インタビュー、雑誌や大手サイト、価格com、個人ブログのデータを分析して算出しています。インタビューで聞いた情報に重みを付けて分析しているので、かなり現実に近いんじゃないかと思いますね。

データ分析

ナナメ45度からズバっと!」ではこんな感じで、毎月28日以降に値引き情報の更新をしています。

新型タントの車両本体価格の値引き相場・限界は17万円

時期 値引き額
2020年7 ※最新 17万円
2020年6月 16万円
2020年5月 16万円
2020年4月 16万円
2020年3月 16万円
2020年2月 16万円
2020年1月 13万円
2019年7月〜12月 8〜12万円
2019年1月〜6月 17〜20万円
2018年1月〜12月 13〜17万円
2017年1月〜12月 14〜17万円
2016年1月〜12月 9〜15万円

2020年7月の値引き相場は17万円。フルモデルチェンジ前と同じ水準になってきました。

N-BOXと競合させると大きく値引き額がアップしました。
新型ルークスとの競合は効果がありましたよ。
スペーシアと競わせると反応がよかったんです。
新型タント同士の競合が決め手でした。

実際インタビューではこういう声が多く聞かれました。

新型タントの値引き交渉ではN-BOXと競合させることが効果的です。そのほか、新型ルークスやスペーシアと競わせても値引きが伸びやすいようです。

ただしそれでも値引きが伸びないケースもあるようで、その時はタント同士を競わせることが良いそう。

ダイハツ同士を競合させる時は、お店の名前に注目。◯◯ダイハツの、◯に入る文字が一文字でも違えば別会社なので競合させることが可能です。基本的には隣の県に別会社があることが多いです。

インタビューした人の中にN-BOXや新型タント同士を競合させて、大きな値引きを引き出している人がいました。

『新型タント同士の競合が効果的だった』

購入者 40代男性
値引き額 18万円
グレード カスタムX

契約したのは2020年6月です。新型タントに魅力を感じてダイハツA店へ。営業マンから提示された初回値引きは5万円。値引きがどれだけできるのか聞いてみたら
A店「タントは人気ですからね。大きな値引きは出しづらいんですよ。」
とかなり厳しそうな印象でした。
そこでA店の営業マンに
N-BOXも魅力的なので迷っている
と伝えるも値引きは10万円までしか伸びません。そこで作戦を変更し、隣の県のダイハツB店にいってタント同士を競合させてみたんです。すると
B店「値引きなら負けないので、是非うちで契約を!」
B店が提示してきた値引き額は15万円!これはかなりの好感触。このとこをダイハツA店に伝えると
A店「B店がそこまでするなら、うちも頑張りますよ」
と提示された値引きは16万円。この後ダイハツA店とダイハツB店でさらに競わせ、最終的にはオプション込み18万円値引きしてくれたダイハツB店で契約しました。新型でも大きな値引き額がでて結果に満足です。

タントの値引きを最大に引き出すにはどのように攻めるべきか?

インタビューの結果を分析すると大きな値引きを獲得している人の傾向として

ライバル店を含めて多くの店に足を運んでいたんです。

ダイハツ店もちろんですが、ライバル車種を販売しているホンダ、スバルも含めてとにかく回る。これが効果的なんだとか。

口コミやインタビューでも

ダイハツ、ホンダの3社をまわってたら値引きがどんどん大きくなりました。
お店に行くたびに値引きが大きくなるw

という声が多かったですね。

実際に何度も店に足を運んで、大きな値引き額をゲットした人の体験を紹介します。

何度も交渉
『とにかく何度も交渉した』

購入者 30代
購入時期 2017年2月
グレード Xターボ”SAⅢ”

値引き交渉ではとにかく多くお店を回りました。ダイハツは1店舗、ホンダは2店舗、スバル1店舗です。4店競合させていくのは疲れましたが、交渉するたびに値引き額が大きくなっていきました。タントの営業マンからは
「これ以上無理ですよ。」
と言われてからでも交渉を繰り返すと数万円は引いてもらえました。最終的にはオプション込みで25万円を獲得することができて満足しています。

タントの値引きが限界突破!?これなら値引き40万円も可能

インタビューしていると数名の方が、値引き相場よりも20万円以上安く購入している人がいました。

流石にこれはおかしいと思って、いろいろ聞いてみると値引きの代わりに下取り額を大幅アップさせたそうなんです。

値引きは大したことなかったけど、下取りで頑張ってもらえました!
下取り車を高く買い取ってもらえたので、タントの支払いがかなり抑えられたんですよ。

実際インタビューではこういう声が多く聞かれました。

私も車を買うときは下取りに出しますが、ディーラーが査定してくれた額で買い取ってもらっています。これが普通の流れですよね。

どのディーラーも同じような査定額なのでここで頑張っても意味はないのかなと思っていたんです。

しかし、下取り額を大幅アップした人のやり方をするとディーラー査定が馬鹿らしくなります。

そのやり方はシンプルで一括査定を利用するんです。一括査定では自分の車を最高値で査定してもらえます。その結果をディーラーに突き付けて

「買取業者だとこれだけの査定額がでているよ?」

と言うだけです。めちゃくちゃ簡単です。

ちょうど私も車を買い換えるタイミングがあったので、実際にやってみました。その結果がこれです!

効果絶大でした!

あっさり下取りが20万円アップ。ディーラー側と面倒な交渉もなかったので、少しでも安く買いたい人は絶対やった方が良いですよ。こういうのは知らない人だけが損をしますからね。

「タントを値引き40万円引きで購入した」

みたいな話をインタビューで数人聞きましたが、そういう人はコレやっていました。やっぱり知っている人は知っていますね。

ちなみに私が利用したのは『ナビクル車査定』です。

一括査定を利用する前にいろいろ比較しましたが、

この3点がそろっているのは『ナビクル車査定』だけでした。一括査定するならオススメします。

他の一括査定は企業規模が小さかったり、すぐに査定額がわからないなど何かしらデメリットが多かったです。一括査定するなら、ナビクル車査定が現状のサービスではベストな選択だと思います。


「ナビクル車査定」
を使ってみる

いきなり使うのが不安な人は、まず公式サイトをチェックしてみるのもアリですね。

ナビクル車査定の公式サイト↓↓
ナビクル公式サイト 一括査定

下取りが古い車なら【廃車買取.com】がおすすめ!

下取り車はあるんだけど、

  • 20年前の車
  • 走行距離が10万キロ以上
  • 車検切れ
  • 事故車や故障車

こんなクソみたいな車でも【廃車買取.com】であれば、買い取ってもらえます。

また、自動車税などの還付(※)も受けることができるので、買取+税金還付の2重取りが可能。
※自動車税+車検の残りに応じてプラスで還付!

詳しく知りたい人はリンク先の公式サイトでチェックしてみてください。実例も掲載されていますよ。

廃車買取.com
を使ってみる

下取りなしでタントを大きく値引きしてもらうには?

下取り車がない場合は新古車を探すのもアリでしょう。

新古車は新車を値引き交渉するより20万円以上安く買えますからね。下取り車がなければこれが最も安く買える方法です。

そんな新古車はカーセンサーやGoo-netでも多く掲載されていますが、実は人気があるためあっという間に売れてしまいます。運よく見つかっても、問い合わせると売り切れなんてこともよくあること。

見つけた中古車を問い合わせたら、既に売れていた。
電話したら既に完売済みで、なぜか別の車をすすめられました・・・。

実際インタビューしてても、こんな声はよく聞きます。

そこでもし本気で新古車を探したいなら、ガリバーのズバット車販売を使うと良いです。

ズバット車販売ではまだネットに掲載されていない中古車も探してくれますからね。

中古車だと保証がないケースが多いですが、ここは10年保証+返品OKとかなり手厚く安心です

「ズバット車販売」
を使ってみる

タントの値引き額は現状維持の見込み。マイナーチェンジの予定もない

tanto_nebikisuii
新型モデルの値引きが最大に近づいてきました。2020年9月あたりまでは現状維持の見込みです。

また、マイナーチェンジ後のため、値動きに関係する要素もありません。

なので、もし今買ったとしても

もう少し待てばよかった…

なんて後悔はしないでしょう。

新型タントは決算月以外でも安く買える

決算月は安く買える!と思われがちですが

実はタントの場合は決算月じゃなくても値引き額はほとんど変わりません!

2020年3月
(決算月)
2020年4月
(決算翌月)
値引き額 16万円 16万円

これは決算月と決算翌月の比較したデータです。

決算月の3月も、決算翌月の4月も値引き額は同じです。

これは決算月になるとディーラーは販売目標達成して、奨励金の額を多く獲得したいので

「さっさと値引きして車を多く売ろう!」

このように考えて販売しています。

そのため、決算月では最初から出てくる見積もりには、大きい値引き額が提示されることが多いんです。心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

タントの初回見積で値引きがいきなり10万円だった!決算月はやっぱりゆるい。
その日に決めてもらえればという条件だったんですが、初日で値引きが15万円でした。

実際決算月に購入した人のこんな声はよく聞きます。

ですが、最終的な値引き額は決算翌月でも同じなんです。

それどころか、決算月だと契約を焦らせてくるケースがあるので、冷静な対処が必要です。

インタビューした人の中に決算月翌月の4月に購入した人がいました。決算翌月でもかなり値引きしてもらえたようです。


『値引き額が決算月並に!』

購入者 50代男性
購入時期 2020年4月
グレード Xターボ

乗っていた車が追突事故にあってしまい、全損のため急遽新車をタントを購入することに。
4月なので決算後は高いんだろうなと思っていました。ダイハツで担当営業マンに値引きの話を持ちかけると、
「今月も値引きは頑張りますよ!」
と意外と感触は良く、初回提示された値引き額は車両本体だけで8万円。その後N-BOXやシフォンと競合させ、値引き交渉を進めてみました。最終的にはオプション込みで値引きが18万円に。決算月じゃなくても値引きは全然いけると思います。

タントのオプションからの値引きはいくら?契約直前に値引きのチャンスあり!

値引きで本体価格と並んで重要なのはオプション値引きです。

タントの場合ディーラーオプションであれば大体のものは10%〜20%引きをしてくれるようです。

特に、オプション値引きで20%引きしてもらっている人の共通点として、ナビを含めてオプション総額で20万円以上つけていました。

また、タントを購入した時に無料サービスしてくれるものは、多くの人が納車時ガソリン満タンのみという結果でした。

しかし、

「これとこれをサービスしてくれたら契約する!」

と言って交渉すると、無料でサービスしてくれる可能性は高く

  • フロアマット
  • ガラスコーティング
  • ETC取付け工賃

このあたりを無料サービスでつけてもらった人がいました。


『オプションが無料サービスに』

購入者 30代
購入時期 2017年2月
グレード カスタムX”SAⅢ”

妻の足としてタントを狙いました。
値引き交渉を進めていくと、本体価格からの値引き額15万円と提示され
「これが限界の値引き額です・・・」
と営業マンから言われてしまったんです。そこで、値引きの狙いをオプションに変更。欲しいオプションを追加して交渉を進めると車両本体と付属品を含めた値引き額が24万円に。ダメ押しとして
フロアマットとETCの取付けもサービスにしてくれたら契約します!
と強気で押してみたところ、
無料サービスしてくれました。

[まとめ]新型タントの値引き目標と交渉のコツ

タントの値引きについて整理すると

車両本体価格からの値引き:17万円
オプションからの値引き:10%〜20%

この数字を目標に値引き交渉すると良さそうです。

タントの値引き交渉を整理すると

タントの値引き交渉のコツ!
  1. NBOXと競合させる(新型ルークスとスペーシアも有効)
  2. 隣の県のダイハツに近いなら新型タント同士を競わせる
  3. 契約直前で強気に押す
  4. 一括査定で下取り額をアップさせる
    ※『
    ナビクル車査定』がオススメ

この4つが大きなポイントです。最後の

「一括査定は面倒・・・」

なんて思うかもしれませんが、

査定額が20万円もアップしたのでやってよかった。
ディーラーでは値が付かないと言われたのに23万円の査定がでました。

という声が多く、効果としてはかなり高いです。

ハードルが高そうな一括査定も、「ナビクル車査定」だとホント簡単にできるので試しにやってみてもいいと思います。

ナビクル車査定をオススメする理由

【番外編】タントの展示車や試乗車、在庫車だと値引きは最大になる?

展示車
インタビューをしていると1名だけ相場よりも本体価格から約10万円も多く値引きしてもらっている人がいました。

これよくよく話を聞いてみると、営業マンから

「展示車でよければ、特別値引きができます!」

と紹介があったそうです。特別割引があるなら展示車や試乗車も悪くないですよね。

どんな交渉をすると展示車が紹介されるのか、その秘密をインタビューで聞いてみたら

特に何もしてません。
営業マンから展示車の案内がありました。

との回答。展示車が紹介されたのはホントたまたまで、ディーラーで展示車や試乗車の入れ替えをするタイミングと値引き交渉する時期がピッタリあったんだそうです。

これを狙ってやるのは無理なので、紹介があればラッキーぐらいに思っておくと良いでしょう。

ちなみに在庫車も同じで、ディーラーに在庫車がなければ購入することはできないため、運が必要です。日頃の行いをよくして運気をアップさせるしかないですね。

インタビューで分かった事実。みんなディーラー査定で失敗していた

タントの値引きインタビューできたのは20名です。

みなさん今まで乗っていた車はディーラーへ下取りに出されていたんですが、その下取り額を聞いたとき

「ちょっと安すぎるんじゃないか?」

と感じたのでインタビュー中に、車種名、年式、走行距離、査定額をメモっておいて

ディーラーの査定額は高いのか安いのか?

自分でチェックしてみました。

ディーラーの査定額は相場より20万円以上安い?

私が査定額のチェックに利用したのは一括査定サイトです。20車の査定もここなら20分もあれば楽勝です。1台1分でチェックできます。

画面に「車種名」、「年式」、「走行距離」これだけ入力してポチっとボタンを押すだけなので。

入力したらすぐに結果は出ます。

トヨタの公式サイトでも同じ様に調べることができたので、10万キロ走ったプリウスの査定額を比較してみました。

プリウスの一括査定の結果

すると、20万円以上もの差があったんです。

インタビューで聞いた査定額はトヨタ公式サイトの額とほぼ一致していたので、このプリウスをディーラーに下取りにしてもらった方は20万円以上損をしてたことになります。。。

こんな感じで20台全部調べたら、20台中18台が損をしていることが分かりました。

ディーラー査定はダメだと言われていますが、

これ、本当でした。

ディーラーの査定額が安い理由

ディーラー査定が安い理由は、ディーラーは最初の査定額をわざと低く提示してくるからなんです。お客さんの車を安く買い取ることができればディーラーにとってはおいしいですからね。

もちろん、査定額が他社よりも低いとお客さんに指摘されれば、査定額を見直してくれます。しかし、お客さんが何も言われなければ安く買い取られてしまいます。なので、こちらから
このぐらいあるでしょ
「査定額はこのぐらいあるでしょ?」
安く査定したのバレちゃったかな
営業マン「・・・。」
査定額はこのぐらいあるでしょ
「・・・。」
安く査定したのバレちゃったかな
営業マン
「(安く査定したのバレちゃったかな…)」

こんな感じで言わないとディーラーに騙されてしまう仕組みになっているんです。

こうならないためには、タントを購入する前には自分で下取りの査定を済ませておくと良いでしょうね。

私も車を購入するときに、一括査定の査定額を営業マンに伝えて下取りを大きくアップさせました。その証拠がこれです。

#一括査定って危なくないの?
一括査定と言えば、電話がかかってきて大変と言われています。しかし、実際は電話が数件くる程度です。それも最初の1日目だけ。2日目以降はほとんど電話はなりませんし、簡単なメールなどのやりとりだけで済むケースも多いようです。

査定は出来るだけ早くしておいた方が良い

もし、一括査定をやってみようと考えているなら、できるだけ早くした方が良いです。なぜかというと

今日の査定額が30万円だとしても、明日には20万円に・・・

なんてことが買取査定では普通に起こっているからです。なので、査定だけは出来るだけ早くやった方が良いです。

また、今回利用した『ナビクル車査定』は無料なので、今の査定額をとりあえず知るだけに利用するのも全然ありだと思います。

ナビクル車査定をオススメする理由

 

「タント 値引き」に関する人気記事