MENU
エクストレイル

新型エクストレイルの燃費が悪い?新型と旧型を比較!ハイブリッドの実際は?

新型エクストレイルは高級感や力強い走りが話題になっています。

しかし、新型エクストレイルに搭載されているハイブリッド技術のEパワー燃費が悪いという評判が多いです。

ガソリン代も高騰している中、燃費が悪い車を選ぶのは少し躊躇してしまいますよね。

そこで今回は新型エクストレイルの燃費は本当に悪いのかを、旧型のエクストレイルや他のSUVと比較しながら検証していきます。

また、同じく日産のSUV、新型キックスとも燃費比較しているので、検討の際の参考にしてください。

【新型エクストレイル】燃費のポイント5つ
  1. 燃費達成率は驚異の93%
  2. 旧型エクストレイルと比較すると3~4割の燃費向上
  3. キックスと比べると燃費はやや劣るか
  4. 他社のSUVと比べても日産のSUVは燃費が良いとはいえない
  5. 高速でも燃費はほとんど落ちない

新型エクストレイルの実燃費を公開!リッター何キロ走る?

まずは新型エクストレイルのカタログ燃費と実燃費を見ていきましょう。

タイプ WLTC
[km/L]
実燃費
[km/L]
2WD 19.70 18.20
E-4orce 4WD(5人乗り) 18.40 17.01
E-4orce 4WD(7人乗り) 18.30 17.01

※4WDの燃費達成率より概算

新型エクストレイルの燃費達成率(実燃費がカタログ燃費にどれくらい追いついているか)はおよそ93%となりました。9割超えの燃費達成率はすごいですね。

エクストリーマーとオーテックの燃費はベースグレードと変わらない

新型エクストレイルにはカスタマイズカーとして、エクストリーマーオーテックがあります。

これらは外装や内装が専用のものにカスタマイズされていて、かっこよくなっていますが、性能的にはベースとなっているグレードと変わりません。

そのため、燃費もベースとなっているグレードと同じです。

  • エクストリーマーのベースグレード
    ⇒X E-4orce
  • オーテックのベースグレード
    ⇒X・G
グレード WLTC
(実燃費)
エクストリーマー(5人乗り) 18.40km/L
(17.01km/L)
エクストリーマー(7人乗り) 18.30km/L
(17.01km/L)
オーテック 19.70km/L
(18.20km/L)
オーテック E-4orce(5人乗り) 18.40km/L
(17.01km/L)
オーテック E-4orce(7人乗り) 18.30km/L
(17.01km/L)

エコモードを使うとどれくらい燃費が良くなる?

日産の公式ホームページによると、エコモードは次のように説明されています。

エンジンとCVTの作動を自動制御して、急加速を抑えることで燃費の向上をサポートするシステム

参考:日産|ECOモード

ポイントは「急加速を抑えることで燃費の向上をサポートする」という点です。急加速や急停止は燃費を下げる要因なので、抑えられれば燃費向上に繋がります。

しかし、あくまでも車の持っているポテンシャルが最大限発揮されるだけなので、エコモードを使ったからといってカタログ燃費を大きく越える燃費になることはないでしょう。

以上のことから、エコモードを使った場合の燃費はせいぜい20km/Lであると推測されます。

新型エクストレイルの燃費は向上した?旧型(T32系)と徹底比較!

新型エクストレイルは今回のモデルチェンジで、すべてがハイブリッド車になりました。ハイブリッドになったことで燃費はどれくらい向上したのでしょうか?

旧型ガソリン車との燃費比較

まずは旧型(T32系)と新型(T33系)のガソリン車との比較を見ていきましょう。

ガソリン車との比較
駆動 燃費比較
2WD(カタログ) 旧型 16.40 km/L

新型 19.70 km/L
2WD(実燃費) 旧型 12.58 km/L
145% UP!
新型 18.20 km/L
4WD(カタログ) 旧型 16.00 km/L

新型 18.40 km/L
4WD(実燃費) 旧型 11.88 km/L
143% UP!
新型 17.01 km/L

旧型のカタログ燃費はJC08という方式で測定されており、新型はWLTCという方式で測定されています。そのため単純比較はできません。

実燃費を見ると、およそ1.4倍向上しています。ガソリン車とハイブリッド車の比較ではありますが、旧型に比べ燃費は大きく向上したと言っていいでしょう。

旧型ハイブリッド車との比較

次は旧型のハイブリッド車との比較を見ていきましょう。

ハイブリッドとの比較
駆動 燃費比較
2WD(カタログ)
旧型 19.70

新型 20.8
2WD(実燃費) 旧型 13.07
139% UP!
新型 18.20
4WD(カタログ)
旧型 20.00

新型 18.40
4WD(実燃費) 旧型 12.97
131% UP!
新型 17.01

旧型のハイブリッド車と比べても、およそ1.3~1.4倍程度の燃費向上が見られました。

ハイブリッド車同士の比較であっても、大きな燃費改善が見られたといえます。

通常のハイブリッドと「Eパワー」の違い

新型エクストレイルに搭載されているハイブリッド技術が「Eパワー」です。これは従来のハイブリッドとは全く違います。

従来のハイブリッドは、エンジンとモーターの2つの動力源を使い走る仕組みです。エンジンで走行しているときに発電し、低速運転になった際にモーター走行に切り替えて走る、といった仕組みです。

Eパワーにも、エンジンとモーターが搭載されていますが、モーターのみで走りますエンジンは完全な発電用であり、エンジンを使って走行はしません。

そのため、Eパワーを搭載した新型エクストレイルは、ハイブリッドカーというよりも電気自動車に近いものとなっています。

エクストレイルvsキックス!燃費がいいのはどちらか

新型と旧型のエクストレイル同士の燃費比較の次は、キックスとの比較を見ていきましょう。

キックスもエクストレイル同様、2022年7月に発売されたSUVです。両者ともに日産のSUVであり、Eパワーが搭載されています。

燃費の面ではどちらを買うのがオトクなのでしょうか?

車種 カタログ
(実燃費)
[燃費達成率]
キックス e-POWER
(2WD)
23.00 km/L
(19.40 km/L)
[84.36 %]
エクストレイル
(2WD)
19.70 km/L
(18.20 km/L)
[93%]
キックス e-POWER
(4WD)
19.20 km/L
(16.20 km/L)
[84.36 %]
エクストレイル
(4WD)
18.40~18.30
(17.01 km/L)
[93%]

※4WDの燃費達成率より概算

実燃費においてもカタログ燃費においても、わずかにキックスのほうが勝っています。

キックスはエクストレイルに比べ小型であり、最小回転半径もエクストレイルは5.6mですが、キックスは5.1mと取り回しがいいのが特徴です。

そのため、同じ技術が採用されていながら、車両重量も軽く燃費がいいと思われます。

国内SUV燃費ランキング!エクストレイルの燃費は悪い?

国内SUVの燃費ランキングは以下の通り。エクストレイル何位なのでしょうか?

国内SUVランキング
順位 車名 実燃費
(WLTCモード)
ダイハツ ロッキー(ハイブリッド) 25.01 km/L
(28.00 km/L)
2 トヨタ ライズ(ハイブリッド) 23.92 km/L
(28.00 km/L)
3 トヨタ ヤリス クロス (ハイブリッド) 23.11 km/L
(25.0~30.8 km/L)
4 トヨタ C-HR(ハイブリッド) 22.29 km/L
(25.0~25.8 km/L)
5 トヨタ カローラ クロス (ハイブリッド) 22.00 km/L
(24.2~26.2 km/L)
6 ホンダ ヴェゼル (ハイブリッド) 20.51 km/L
(22.0~25.0 km/L)
7 日産 キックス(E-POWER) 19.40 km/L
(23.00 km/L)
8 日産 エクストレイル(E-POWER) 18.20 km/L
(19.70 km/L)
9 マツダ CX-3(ディーゼル) 18.42 km/L
(21.20 km/L)
10 レクサス UX(ハイブリッド) 18.05 km/L
(21.6~22.8 km/L)
11 ダイハツ タフト 18.04 km/L
(19.6~20.5 km/L)
12 トヨタ ハリアー (ハイブリッド) 17.90 km/L
(21.6~22.3 km/L)

上位のSUVの実燃費は20km/Lを超える中、エクストレイルは18.20km/L。決して燃費の良いSUVとはいえません。

1位のロッキーとエクストレイルの燃費を比べると、約1.34倍の差があります。ガソリン代が高騰している中、これだけ燃費が悪いのは大きな痛手でしょう。

そもそもEパワーの燃費があまり良くない

そもそも、Eパワーの燃費はよくないと言われています。

表をよく見ると、上位にはダイハツトヨタがいます。

そして、エクストレイルと同じく、Eパワーを搭載した日産のSUVとして発売されたキックスの順位は7位です。キックスの燃費もSUVの中ではあまりよくないことがわかります。

口コミでもこのような意見が見られました。

先ほども説明した通り、Eパワーはハイブリッドというよりも電気自動車に近い技術です。

Eパワーはエンジンで発電しモーターのみで走るため、エンジンの余ったエネルギーを電気に変換して走るハイブリッドと比べると、どうしても燃費は悪くなっていしまいます。

エクストレイルの燃費の口コミは決して悪くない

このように数値として示すと、新型エクストレイルの燃費は悪いですが、口コミは決して悪いものではありません。

https://review.kakaku.com/review/70100310097

たしかに新型エクストレイルの燃費はよくありませんが、そもそもエクストレイルは燃費のいい車ではないため、燃費に期待しているユーザーはあまりいません。

むしろ、先代のエクストレイルに比べ大きく燃費向上しており、往年のエクストレイルファンの満足度が高かったのでしょう。

高速でも燃費はあまり落ちず!

新型エクストレイルは高速での燃費は悪いのでしょうか?

口コミではこのような意見が見られました。

Eパワーは高速だと燃費が上がりづらいという欠点も聞かれていましたが、どうやら新型エクストレイルはそういったこともないようです。

もしも、高速で燃費があまりにも下がるようなら、速度の上げすぎが原因かもしれません。

普通車は通常であれば時速80km付近でトップギアに入るため、時速80km~100km程度で走るのが一番燃費が良くなります。

しかし、速度を上げすぎると、空気抵抗を受けるため燃費はむしろ下がってしまいます

安全の観点からも燃費の観点からも、高速道路の制限速度は守ったほうが良いでしょう。

新型エクストレイルの燃費はあまりよくないものの満足度は高い

新型エクストレイルの燃費についてまとめると以下のようになります。

【新型エクストレイル】燃費のポイント5つ
  1. 燃費達成率は驚異の93%
  2. 旧型エクストレイルと比較すると3~4割の燃費向上
  3. キックスと比べると燃費はやや劣るか
  4. 他社のSUVと比べても日産のSUVは燃費が良いとはいえない
  5. 高速でも燃費はほとんど落ちない

最近ではコンパクトカーやミニバンなら、30km/Lにも届くような実燃費の車も少なくありません。

それらと比べるとSUVは燃費の良い車種ではなく、中でもエクストレイルの燃費の悪さは目立つでしょう。

しかし、ユーザーの満足度は高く、燃費が良いと言っている方もいます。

それはエクストレイルの燃費がもともと良くなかったのと、燃費に期待しているユーザーが少ないことが理由だと思われます。

以上のことから、新型エクストレイルは燃費を気にして買う車ではないといえるでしょう。

新型エクストレイルの燃費に関する質問(FAQ)

最後に、新型エクストレイルの燃費に関するよくある質問(FAQ)をご紹介します。

エクストレイルの燃費基準は?
新型エクストレイルは車両重量1,600kg以上に分類されるため、燃費基準は16.5km/Lです。燃費基準とは、「国がメーカーに定めた燃費の基準」のことです。基準を満たした車の税金は減額されます(エコカー減税)。
エクストレイルの排気量は?
エクストレイルの排気量は1,497ccです。大型の車ながらモーターで動くためコンパクトカー並の排気量になっています。排気量は少ないですが、エクストレイルは車体が大きいため3ナンバーに分類されます。
エクストレイルの燃費表示はどこ?
運転席正面についているディスプレイに表示できます。ステアリングスイッチの矢印キーを押すと表示を切り替えられるので「燃費情報」を表示させてください。また、その状態で「OK」ボタンを押すと燃費情報がリセットされます。

新型エクストレイルを安く買うには?

エクストレイルカラー_安く買う

エクストレイルを安く購入するには値引きが重要になってきます。ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にエクストレイルを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか次の記事でチェックしてみてください。

新型エクストレイルの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

「エクストレイル」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。