MENU
エクストレイル

新型日産エクストレイルでおすすめの人気オプションとナビ!カタログで必須は?

x-trail_optop05

新型エクストレイルを購入するときに、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。カタログを見ているとあれもこれも付けたくなりますよね。オプションは必要最低限にしたいところですが、

オプションをたくさん付けすぎると、

「このオプションはいらなかったな・・・」

となり、ケチってしまうと

「あのオプションを付けておけばよかった・・・」

と後悔することになりかねません。

そこで、新型エクストレイルを購入するときの必須オプションやナビ、これは不要だと思うオプションも合わせて紹介します。最後にエクストレイルの人気オプションランキングも載せているので、参考にしてください。

新型エクストレイルで必須のメーカーオプションとナビ ※後付け不可

x-trail_required-option

新型エクストレイルを購入する時の必須オプションを紹介します。

購入時にしか選べないメーカーオプションを中心にピックアップしました。

エクストレイルのヘッドライトのオプションはアダプティブLEDで夜間走行も安心

x-trail_adaptive-led

出典:https://www.nissan.co.jp/

アダプティブLEDヘッドライトシステム(オートレベライザー付)
オプション税込価格:¥11,000

対象グレード:X、X e-4ORCE

夜間走行をより安全にするには、アダプティブLEDヘッドライトシステムがおすすめです。

理由は、ハイビームの照射範囲を自動で切り替えてくれるので、先行車や対向車への幻惑を防ぎながらもこちらの視界がしっかり確保ができるからです。

価格も安いので選びやすいオプションです。

エクストレイルのUSB+100V AC電源コンセントは災害時に役立つ

x-trail_usb-type-c_100v-ac1500w

出典:https://www.nissan.co.jp/

USB電源ソケットタイプC(リヤ1個)+100V AC電源(1500W)〈ラゲッジ1個〉
オプション税込価格:¥52,800

S、S e-4ORCE以外は標準装備

パソコンの仕様やスマホの充電など車内で使うことがあるならAC電源コンセントは付けておいた方が良いでしょう。

また、AC100V電源は、キャンプや災害時に非常用電源として使用できます。

新型エクストレイルには、1500wまでの家電であれば、2~3日分の電力はまかなうことができるので、1~2泊のキャンプや停電に備えておくのにも役立ちます。

エントリーグレードのS以外は標準装備になっています。

 

エクストレイルのシートヒーター+ステアリングヒーターのオプションで冬でも暖かい

x-trail_hotplus-package-seat heater

出典:https://www.nissan.co.jp/

ホットプラスパッケージ(後席ヒーター付シート〈セカンドシート左右席〉、ステアリングヒーター)
オプション税込価格:¥38,500

対象グレード:X

エクストレイルは車内空間が広く温まるのにも時間がかかるので、ステアリングヒーターがおすすめです。

冬の寒い朝に、ハンドルが冷たすぎて握るのが辛い…そんな経験をしたことがある人も多いはず。そんな時にありがたいのがステアリングヒーター。スイッチオンですぐに温かくなります。

ナビの費用を抑えるには9インチディスプレイオーディオ

x-trail_9inch-navi
出典:https://www.nissan.co.jp/

9インチディスプレイオーディオ(ディーラーオプション)
オプション税込価格:¥99,800(工賃込)
対象グレード:X・AUTECH・エクストリーマーXのNissanConnectナビゲーションシステム無車、S

ナビの費用を抑えるには、9インチディスプレイオーディオがおすすめです。

エクストレイルのディーラーオプションで取付できる他のナビが20万円代なのに対し、9インチディスプレイオーディオは9万円と半額以下です。

ナビはスマホのアプリを利用するので地図更新も無料です。

たまにしかナビを使用しないのであれば、高価なナビは避けてディスプレイオーディオを付けておけば機能的には十分だと思います。

新型日産エクストレイルの純正ナビはメーカーオプションがおすすめ ※後付け不可

新型エクストレイルのナビにはディーラーオプションとメーカーオプションのNissanConnectナビがあるんですが、これ選ぶならNissanConnectナビがオススメです。

エクストレイルのオプションのNissanConnectナビは安全で機能が充実

x-trail_nissanconnect-navi

出典:https://www.nissan.co.jp/

NissanConnectナビゲーションシステム
オプション税込価格:¥363,000(3列) ¥415,800(2列)
対象グレード:X e-4ORCE(3列)、X、X e-4ORCE(2列)

NissanConnectナビゲーションシステムをおすすめする理由は、

  • アラウンドビューモニターで安全に駐車ができる
  • 利用料金が他メーカーより安い
  • ナビのオペレーターサービス
  • アプリサービスの乗る前エアコン
  • プロパイロットパーキングで自動駐車

などが一般のナビに比べて優れているからです。次にそれぞれの説明をします。

日産アラウンドビューモニターで安全に駐車ができる

x-trail_around view monitor

出典:https://www.nissan.co.jp/

ナビにセットにはアラウンドビューモニターが付いていて、これがあると安全に駐車ができます。

車の前後の死角にいる自分の子供や親が見えずに引いてしまったというニュースがあるように、目視やバックモニターだけでは見えない事があります。そんな時に便利なのがアラウンドビューモニター。車全体を真上から見下ろした映像があれば、このような事故を未然に防ぐ事も可能になります。

利用料金が他の自動車メーカーより安い

x-trail_nissanconnect-navi-7920yen

NissanConnectナビゲーションシステムは、無料期間は無いものの、2年目以降の使用料金が他の自動車メーカーより安いのでおすすめです。

ナビのオペレーターサービスで曖昧な目的地でも迷うこと無し!

目的地が分かりづらいと、ナビをうまく設定できない事があります。そんな時に便利なのが、オペレーターシステムです。

オペレーターサービスでは、わかりづらい目的地でも実際のオペレーターに繋いで直接調べてもらう事ができます。オペレーターが調べた目的地をナビに送信・設定ができるのでとても便利ですね。

料金は、新車取付時から1年間は無料ですので、使い倒したいですよね。ただし、2年目からは別途3,300円/年(税込)が必要になります。

アプリサービスの乗る前エアコンで真夏の買い物帰りも快適

真夏の買い物やおでかけの帰りの車内は熱くてすぐには乗れませんよね。そんな時におすすめなのが乗る前エアコンです。

ショッピングモールのような遠く離れた駐車場でも遠隔操作が可能なので、乗る前に10分程度冷房をかけておくだけで適温になります。

新型エクストレイルのプロパイロットのオプションで自動駐車

新型エクストレイルは、車高が高く死角も多いので縦列駐車や車庫入れが難しくなります。そんな時におすすめなのが、プロパイロットパーキングです。

NissanConnectナビゲーションシステムと連動しているので、車が駐車を完了するまで全て自動で制御してくれます。

これがあれば駐車も楽々ですね。

新型エクストレイルの必須オプションの合計価格は?

新型エクストレイルの必須オプションと価格を一覧にしてみました。

人気グレードのG e-4ORCEとX e-4ORCEでどれぐらいオプション費用がかかりそうか目安にしてみてください。

G e-4ORCEの必須オプション価格
オプション名 価格
アダプティブLEDヘッドライトシステム ¥11,000
合計: ¥11,000

G e-4ORCEでの必須オプション価格は合計で約1万円。標準装備が多いG e-4ORCEでは、アダプティブLEDヘッドライトシステムぐらいしか必須オプションはありません。

X e-4ORCEの必須オプション価格
オプション名 価格
アダプティブLEDヘッドライトシステム ¥11,000
9インチディスプレイオーディオ ¥99,800
ホットプラスパッケージ ¥38,500
合計: ¥163,600

X e-4ORCEの必須オプション価格は合計で約16万円。ナビは9インチディスプレイオーディオを選択しているので、費用は抑えられています。

実際に購入する時には他にも欲しくなるオプションも出てくると思いますので、オプション費用は加えて4〜5万円必要と考えておくと良いでしょう。

不要な純正オプションはこれだ!

x-trail_nonrequired-option02

新型エクストレイルを購入する時に不要な純正オプションを紹介します。ここでの不要オプションとは、口コミで評判の悪いものや、社外品の方がコスパが良いものです。

エクストレイルのLEDフォグランプのオプションは割高

x-trail_front-led-fog lights

出典:https://www.nissan.co.jp/

LEDフォグランプ(ディーラーオプション)
オプション税込価格:69,900円(工賃込)

対象グレード:G、G e-4ORCE以外

LEDフォグランプを取り付けるなら、純正オプションよりも社外品のLEDフォグランプを付けた方が良いです。

なぜなら、新型エクストレイルの純正のLEDフォグランプは、約7万円と割高だからです。一般的に、LEDフォグランプは社外品でも工賃込みで3万円程度で取付可能なので7万円は高すぎます。

LEDフォグランプは、社外品を取り付ける方がお得でしょう。

グリルイルミネーションは無くても困らない

x-trail_grill-illumination

出典:https://www.nissan.co.jp/

グリルイルミネーション
オプション税込価格:¥63,840

対象グレード:G、X、S

グリルイルミネーションはグリルの両端をV字に光らせるLEDライトですが、無くても困りません。

なぜなら、グリルイルミネーションは夜間しか存在感を出せませんし、そもそも運転していても付いてることすら感じられません。

ですので、グリルイルミネーションは、不要なオプションでしょう。

イルミキッキングプレートはフロントのみLEDでリヤは光らない

x-trail_illumination kicking plate

出典:https://www.nissan.co.jp/

イルミキッキングプレート(電池式、LED・白色発光)(ディーラーオプション)
オプション価格:¥39,800(工賃込)

対象グレード:全グレード

イルミキッキングプレートを取り付けるなら、純正オプションよりも社外品を付けた方が良いです。

なぜなら、純正オプションのキッキングプレートは、前席にしかLED照明が無い上に割高だからです。社外品では後席にもLED照明があるものが人気で、しかも純正より安く取付工賃込みで1.5万円程度で付けられます。

ですので、イルミキッキングプレートは社外品を取り付ける方がお得ですね。

新型エクストレイルのオプションカタログで人気は?後付けできないものも

 
順位 オプション
1位 フロアカーペット エクセレント
2位 プラスチックバイザー
3位 BOSE Premium Sound System(9スピーカー)+ルーフレール+パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付)※後付け不可
4位 ナッパレザーシート ※後付け不可
5位 防水シート ※後付け不可
6位 エスティーロアルミホイール
(10本スポークタイプ)
7位 アドベンチャーズパッケージ
8位 フードディフレクター
9位 サイドステップ
10位 NISMO

必須オプション以外のオプションでどんなオプションが売れているのかランキングにしてみました。ランキング上位には後付け不可のオプションも含まれています。

ランキング上位のフロアカーペットやプラスチックバイザーは定番なので割愛し、選ばれているオプションをいくつか紹介します。

エクストレイルのオプションオーディオ(9スピーカー)はサンルーフとルーフレール付きで快適車内

x-trail_bose-soundsystem_roof rail

出典:https://www.nissan.co.jp/

BOSE Premium Sound System(9スピーカー)+ルーフレール+パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付)
オプション税込価格:¥297,000

対象グレード:G

音楽を臨場感たっぷりに楽しみたい場合は、BOSE Premium Sound System(9スピーカー)がおすすめです。

新型エクストレイルは、e-POWERなので走りがとても静かです。ですので車内は音楽を聴くのに最適な空間となり、9つのスピーカーでライブハウスにいるような臨場感ある音楽を楽しむ事ができます。

良い空間で臨場感ある音楽を楽しみたい方は、BOSE Premium Sound Systemオプションはおすすめです。

エクストレイルのナッパレザーシートのオプションで車内インテリア(内装)にプレミア感を!

x-trail_nappa-leather-seat

出典:https://www.nissan.co.jp/

ナッパレザーシート
オプション税込価格:¥88,000

対象グレード:G、G e-4ORCE

新型エクストレイルのインテリアにプレミア感を求めるなら、ナッパレザーシートがおすすめです。

新型エクストレイルで一番人気のG e-4ORCEは、必要なオプションをつけると500万円近くなる高級車です。高級車にはプレミア感は必須ですよね。ですので、エクストレイルの車内インテリアのオプションでプレミア感を演出したいのであれば、ナッパレザーシートオプションがベストです。

ナッパレザーシートの価格は約9万円と高いように感じるかもしれませんが、車を乗り続けている間ずっとプレミア感を感じられるのでお得感があると思います。

ナッパレザーとタンの色合いがマッチしていて、とてもプレミア感がありますね。

防水シートでアウトドア!濡れても安心

x-trail_waterproof sheet

出典:https://www.nissan.co.jp/

防水シート
オプション税込価格:¥37,400

対象グレード:X

Gグレードのような上質を求めないアウトドア派には防水シートがおすすめです。

スキーやスノーボードなどで濡れたウエアのまま座っても、防水仕様なので簡単に拭き取れますし、透湿性が高いので蒸れを防いでくれるのがありがたいですね。

夏にはキャンプや海水浴、冬にはスキーやスノーボードに明け暮れるならXグレードで防水シートを選択するのがベストでしょう。

エクストレイルの純正オプションのホイールはこれがおすすめ!

x-trail_wheel

出典:https://www.nissan.co.jp/

エスティーロアルミホイール(10本スポークタイプ)(ディーラーオプション)
オプション税込価格:¥159,447(工賃込)

対象グレード:エクストリーマX、S、S e-4ORCE、X、X e-4ORCE

新型エクストレイルの足元の見た目の印象を変えたい人は、エスティーロアルミホイール(10本スポークタイプ)がおすすめです。

グレード専用ホイールでも十分カッコイイのですが、同グレードを購入した人の車と完全に被ってしまいますよね。そんな時、ホイールを変えるだけで見た目の印象もガラッと変わります。

エスティーロアルミホイールは、見た目のかっこよさだけでは無く、耐久性にも優れているので純正を選ぶ事をおすすめします。

フードディフレクターで飛び石防止・空力アップ&迫力倍増!

x-trail_hood deflector

出典:https://www.nissan.co.jp/

フードディフレクター(ディーラーオプション)
オプション税込価格:¥29,800(工賃込)

対象グレード:全グレード

飛び石によるフロントガラスのヒビ割れや虫などからの汚れを防ぎたいなら、フードディフレクターがおすすめです。

高速道路を走行していると、フロントガラスに虫が当たって汚れがこびりつくことってありますよね。また、小石などが飛んできて小さい跡ができたりすることもあります。そのまま放置すればヒビ割れにつながることも。それらを防いでくれるのがフードディフレクターです。

フロントガラス交換するとなると5~6万しますし、保険を使えば等級もあがってしまいます。そうならないためにもフードディフレクターはおすすめですね。

サイドステップがあると子供の乗り降りに重宝する

x-trail_sidestep

出典:https://www.nissan.co.jp/

サイドステップ(ディーラーオプション)
オプション税込価格:¥99,800(工賃込)

対象グレード:全グレード

小さなお子さんやお年寄り、ペットを乗せるならサイドステップをおすすめします。

新型エクストレイルは、最低地上高が185~200ミリあるので、乗用車に比べると乗り降りがしにくいでんす。サイドステップがあれば、そこに足を乗せることで乗り降りがスムーズになります。

なので、小さなお子さんやお年寄り、ペットの乗車時にはサイドステップがあると重宝するでしょう

エクストレイルでよく選ばれる純正オプションパーツ

エクストレイルは純正のオプションパーツが豊富です。

おすすめのオプションパーツをピックアップしてみました。

エクストレイルの外装オプションパーツでおすすめはアドベンチャーズパッケージ

x-trail_adventures package

出典:https://www.nissan.co.jp/

アドベンチャーズパッケージ(ディーラーオプション)
オプション税込価格:¥155,000(工賃込)

対象グレード:全グレード

新型エクストレイルをボリューム感あるSUVに仕上げたいのなら、アドベンチャーズパッケージをおすすめします。

フロントアンダーカバーとフロントバンパーフィニッシャー、リヤアンダーカバーの3部品で構成されていますが、これらをまとめて付けるとボリューム感あるSUVらしいエクストレイルに産まれ変わります。

エスティーロアルミホイールやフードディフレクター、サイドステップも組合わせればかっこよさも倍増しますね。

新型エクストレイルのNISMOのオプションでスポーティーさと機能をグレードアップ

x-trail_nismo

出典:https://www.nismo.co.jp/

NISMO
オプション税込価格:¥5,720~180,400(工賃込)

対象グレード:AUTECH以外の4WD

新型エクストレイルをスポーティーにかっこ良く仕上げたいならNISMOがおすすめです。

NISMOのオプションパーツを付けるとSUVがスポーティーに早変わりします。

NISMOのオプションパーツは、レースで磨かれた日産のスポーツ用品なので、それぞれ機能を追求して造られています。スポーティーさだけで無く機能もグレードアップしたいならNISMOがおすすめですね。

エクストレイルの購入で気を付けることは?

エクストレイルはオプションが豊富なので

「オプションからガッツリ値引きしてほしい!」

と思っている人にちょっと気を付けてほしいことがあります。

それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にシエンタを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

「エクストレイル」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。