MENU
ZR-V 値引き

新型ZR-Vの見積もりを公開2024年版!値引き後の乗り出し価格は?

zr-v_mitutop02

ZR-Vの新車を購入するときに気になるのが

「実際どのぐらい値引きしてもらえたのか?」

ということだと思います。

実際にZR-Vの見積もりの取得をやってみたので、このページでは

  1. e:HEV Zの総額は413万円~
  2. Zの新車価格は391万円~
  3. Xの新車見積もり総額は359万円~
  4. ZR-Vの交渉方法やポイント

これらについて紹介しています。

新型ヴェゼルのセルフ見積りをやってみた!新車乗り出し価格はいくら?

zrv_selfmitu

まずは、ホンダのホームページでセルフ見積りをやってみました。

対象のグレードは人気のe:HEV ZとZ(ガソリン車)、X(ガソリン車)です。

各スペックは下の表を参照

グレード e:HEV Z Z X
新車価格 400万円 365万円 305万円
型式 6AA-RZ4 5BA-RZ3 5BA-RZ3
駆動方式 FF FF FF
動力 LFC LC15 LC15
全長
全幅
全高
4,570mm
1,840mm
1,620mm
4,570mm
1,840mm
1,620mm
4,570mm
1,840mm
1,620mm
車両重量 1,380kg 1,490kg 1,460kg
排気量 1,993cc 1,496cc 1,496cc
エンジン最高出力
(kW[PS]/rpm)
104[141]/6,000 131[178]/6,000 131[178]/6,000
電動機(モーター)
最高出力
135[184]/5,000
WLCTモード 22.0km/L 14.5km/L 14.6km/L

e:HEV Z 新車価格の見積もり総額は413万円~

zrv_ehev-z_mitsu

まずはe:HEV Zから。

セルフ見積りの総額は413万円。車両本体価格にオプションや諸経費を合わせた金額です。

カラーはクリスタルブラック・パールを選択。ブラック以外は追加料金がかかるので、コストを抑えたい方はブラックがおすすめです。

e:HEV Zで選択したオプション

zrv_ehev-z_mituop
フロアカーペットマット スタンダードタイプ ブラック/消臭・抗菌加工/ヒールパッド付 36,300円
工賃 1,980円
合計: 38,280円

選択したオプションは1つだけ。

ナビや安全・快適装備のすべてが標準装備になっているので、追加で選択するオプションは殆どありません。追加で必要なのはディーラーオプションのフロアマットだけです。

標準装備(メーカーオプション)だとオプションを選ばなくて良いのは嬉しいですが、値引きは期待できないですね。

諸経費

zrv_ehev-z_syokeihi

諸経費は合計約9万円とかなり安いです。

その要因は、自動車税環境性能割や自動車重量税がエコカー減税の対象だからです。

ZR-V e:HEV Zがエコカー減税の対象車である理由は、2030年度の燃費基準が95%に達成し環境への負荷が小さいから。そのため、重量税が免税になり環境性能割が非課税になっています。

ZR-V e:HEV Z値引き込みの総額は?[2024年2月 最新版]

ZR-V e:HEV Zの見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

メーカーページのシミュレーションだけだと値引き込みの価格がわからないので微妙なんですよね。

そこで、ここではZR-Vの最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年2月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 3,999,600円
メーカーオプション 0円
ディーラーオプション 38,280円
諸費用・税金 95,830円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲7,656円
③値引き合計(①+②) ▲7,656円
④見積もり総額 4,133,710円
支払総額 (④-③) 4,126,054円

値引き含む支払総額は413万円。

乗り出し価格は、車両本体から13万円アップ程度に抑えられています。

次は、Z(ガソリン車)です。

Z(ガソリン車) 新車価格の見積もりは総額391万円~

zrv_z_mitu

セルフ見積りの総額は391万円。車両本体価格にオプションや諸経費を合わせた金額です。

オプションは、e:HEV Zと同じにしています。

e:HEV ZとZ(ガソリン車)では価格差が23万円しかありません。400万円程度の予算であればどちらも選択肢に入ってきそうです。

燃費をとるならe:HEV Z、走りを求めるならZ(ガソリン車)の選択になりそうですね。

ZR-V Z(ガソリン車)値引き込みの総額はいくら?[2024年2月 最新版]

ZR-V Z(ガソリン車)の見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

ここでもZR-Vの最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年2月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 3,648,700円
メーカーオプション 0円
ディーラーオプション 38,280円
諸費用・税金 221,730円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲7,656円
③値引き合計(①+②) ▲7,656円
④見積もり総額 3,908,710円
支払総額 (④-③) 3,901,054円

値引き含む支払総額は390万円。

新車乗り出し価格はこれぐらいが目安になります。

次は、X(ガソリン車)です。

X(ガソリン車) 新車価格の見積もりは総額359万円~

セルフ見積りの総額は359万円。車両本体価格にオプションや諸経費を合わせた金額です。

オプションは、Z(ガソリン車)とほぼ同じにしています。

ZR-V X(ガソリン車)値引き込みの総額はいくら?[2024年2月 最新版]

ZR-V X(ガソリン車)の見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

ここでもZR-Vの最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年2月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 3,049,200円
メーカーオプション 292,600円
ディーラーオプション 38,280円
諸費用・税金 214,230円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲7,656円
③値引き合計(①+②) ▲7,656円
④見積もり総額 3,594,310円
支払総額 (④-③) 3,586,654円

値引き含む支払総額は359万円。

乗り出し価格はこれぐらいが目安になります。

では、実際にディーラーで値引き込みの見積書を取るといくらになるか見てみましょう。

ZR-V e:HEV Zの値引き込みの見積書!乗り出し価格は411万円~

タップして拡大表示↓
zr-v_mitumorisyo04

ZR-Vは正式発売前ですが、ディーラーに値引き込みの見積書を出してもらいました。(2022年9月時点)

見積もりの対象はe:HEV Zです。ちなみに最上級グレードのZは、標準装備だけでほぼフル装備になるので、メーカーオプションは必要ありませんでした!

支払い総額は411万円

 
費目 価格
本体値引き ▲150,000円
オプション値引き ▲82,500円
値引き合計 232,500円

値引きそのものは15万円なんですが、グラスコーティングの82,500円分が無料になったので値引き合計が23万円に。

値引きは交渉次第ですが、発売前でもここまでイケます。

e:HEV Zで選択したオプション

zr-v_mitsumori_option
選択したオプション
オプション 価格[税込]
フロアマットスタンダード ¥38,390
グラスコーティング ¥82,500
合計: ¥120,890

選択したオプションの合計は12万円。

ZR-Vの場合は、カローラクロスやCX-30のようにナビが標準装備なのでオプションはかなり安くなります。

ただ、コーティングなどは交渉次第で無料サービスにしてもらうことも可能。交渉方法はこちらの記事をチェックしてみてください。

ZR-V e:HEV Zの税金・諸経費

vr-z_mitsumori_zeikeihi

諸経費は合計32万円と高め。

見積書では自動車環境性能割が9.7万円となっていますが、ZR-V(e:HEV Z)はHV車なので0円になる可能性が高いでしょう(参考:日本自動車工業会)。また、エコカー減税のため重量税が免除になっています。

ZR-Vの新車値引き交渉でやったこと

zr-v_nebiki_gaku

今回交渉したのは2022年9月。

まだ発売前でZR-Vの新車値引き相場は本体価格から7万円が目標。発売前の交渉だったためかなり渋い状況でした。

まだ値引き情報もほとんどない状況で、どうやって23万円の値引きが引き出せたのか公開したいと思います。

カローラクロスやCX-30との競合

ZR-Vの値引きを引き出すには、ライバルとの競合は必須

ポイントは、SUVで売れている車同士であることです。

同タイプのカローラクロスやCX-30であれば他のホンダディーラーも意識しているので、競合させるとかなり効果的です。

ZR-V同士の競合

ZR-V同士を競合させるのも効果的です。今回の値引き交渉でもかなり効果がありました。

やり方はちょっとコツがあって、ホンダディーラーの別会社同士で競合させる必要があります。

ホンダの場合は全ての販売店はHonda Cars ◯◯ XX店で統一されているので、同じに見えますが、◯◯の部分が違えば別会社なので競合可能です。

honda_kyogo-zr-v

※別会社かどうかの見分け方はこちら

ZR-Vを安く買うには下取りも重要!

アルファード 査定

ZR-Vを安く買うには値引きと同じように下取りも重要です。

ただ、下取りはディーラーが安く査定してくることが多いので、騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

ネットで確認した査定額をディーラーに伝えたらこんなことに・・・w

タップして拡大表示↓
zr-v_mitsumori_kaitori_keiyaku02

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼

もし、下取りではなく廃車にするつもりなら、こちらがおすすめ。買取保証+税金還付の2重取りが可能です。

「ZR-V 値引き」に関する人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。